製品情報

CDドライヤー

  • 製品概要
  • 構造図
  • 仕様/ラインナップ
  • 使用例
  • テスト依頼書
製品概要

CDドライヤーは、熱源からの熱伝導によって液体を間接加熱して乾燥を行う、伝導加熱型液体乾燥機です。
ドラム型乾燥機、製紙用シリンダー乾燥機と同じ原理が採用されていますが、円筒ドラムの外周表面ではなく、中空円盤の両面を伝熱面として利用します。
当社では「乾燥機は熱交換器である」という点を再認識し、熱通過係数を高めることで、より高性能な乾燥機を実現しました。
その結果、水蒸発テストにおいて、200kg/m2h(20℃水)以上の蒸発能力、統括伝熱係数は2,300W/m2Kを達成することができました。
伝熱加熱型液体乾燥機としては、画期的な高性能となっています。

映像によるご紹介
特長
高性能

従来型のドラムドライヤー(当社製)と比較して、50種類以上の実験データにおいて、1m2当たり能力は、低圧蒸気を使用するにもかかわらず、平均2倍となっています。

コンパクト

薄い円板の両面を伝熱面として使用するため、右図のように伝熱部の平面積を比較すると、約40%となります。

省エネルギー・高効率

伝導加熱型乾燥機は、一般に、熱効率の高いものですが、本機は、コンパクトな機体になっているため、熱損失がさらに少なくなり、80〜85%の高効率で運転できます。
さらに、加熱体の重量が軽いため、大型機種でも蒸気投入後約5分で稼働できます。

被乾燥物の熱変成が少ない

乾燥時間が3〜30秒という短時間なので、温度による被乾燥物の損傷を少なくできます。

省工程

液体から一気に粉体まで乾燥できますので、前後工程を大幅に省略できます。
濃縮→乾燥→粉砕の3工程が、本機によって1工程に短縮できた例もあります。

製品情報INDEX

ドライヤー LINEUP

  • CDドライヤー
  • H-CVDドライヤー
  • BDドライヤー

コンベヤ LINEUP

  • IBコンベヤ
  • NZコンベヤ

その他 LINEUP

  • HP-HVOF